reference archives

hogetest.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 01日

慰安婦の李容洙さん(上)

米公聴会でも証言した李容洙さんが、埼玉で再び「証言・告発」
2007/02/26
 昨年の埼玉県議会で上田清司知事が「古今東西慰安婦はいても、従軍慰安婦はいなかった」と発言し、その抗議のため昨年10月上田知事に面会を求め来日した李容洙(イ・ヨンス)さん(78)が再来日し、さいたま市のさいたま市民会館うらわで2月23日に開かれた「イ・ヨンスさんのお話を聞く会」で再び証言・告発した。
e0034196_3332520.jpg

                         李容洙さんの「経歴」

 昨年の来日時は、知事面会を断られ県議会場入り口で秘書課長らと知事を待っていた李容洙さんに、上田知事は「邪魔するな!」と怒鳴っている(下部関連記事参照)。また、李容洙さんは先日も米議会の「公聴会」で証言してきたばかりであるという。

 李容洙さんは慶尚南道で生まれ15歳のとき、小銃で脅され、大連から、台湾に連行され新竹海軍慰安所で特攻隊員の慰安婦とされた日々を、不自由な日本語で告発した。日本政府の対応に怒りを込めて「これからも死なずにずっと話す」と訴えた。

 当日は2000年に従軍慰安婦問題を裁いた「女性国際戦犯法廷」で加害証言をした元「中国帰還者連絡会」の金子安次さん(87)も参加、李容洙さんの発言に続き自らの加害体験や軍隊の実情を証言し、上田知事の発言を否定した。

 その「女性国際戦犯法廷」の放送では、NHKが金子さんに「放送で実名を出してもいいのですか?」と事前に確認電話があり、「勿論いいですよ、私は証言者ですから」と応えたにも関わらず、その加害証言をカットされ「圧力があった」と感じたことも証言・告発した。

 この放送では同時に「被害証言と、天皇有罪部分」もカットされ、その原因に安倍官房副長官(当時)の関与が内部告発され、主催者が提訴し1月29日東京高裁は安倍氏らの圧力を認めなかったものの、自主規制の「不当性」を認定しNHKに賠償を命じ、敗訴したNHKは上告している。


(芹沢昇雄)
(cache) 地域・米公聴会でも証言した李容洙さんが、埼玉で再び「証言・告発」
http://www.janjan.jp/area/0702/0702250646/1.php



イ・ヨンスさん「私は確実な被害者です」
2007/03/04
 元日本軍「慰安婦」被害者のイ・ヨンス(李容洙)さんと上田清司埼玉県知事との面談が、3月1日(木)午後2時10分より約15分間埼玉県庁知事応接室で行われた。

 これは、昨年6月に埼玉県議会で上田埼玉県知事が「慰安婦はいたが『従軍慰安婦』はいなかった」と発言した事を受けて、『元日本軍「従軍慰安婦」イ・ヨンスさんのお話を聞く会』実行委員会と「上田知事の歴史認識を問う県民連絡会」が同10月から申し入れを行った結果、実現したものだ。

 面談後、埼玉県庁内で行われた記者会見では、冒頭に「上田知事の歴史認識を問う県民連絡会」の石垣敏夫さんから、この日の面談に至る経緯と面談は当事者と通訳のみの非公開で行われたことが報告された。

 「面談は、知事と知事側通訳、李容洙さんと李さん側通訳の4名で行われた。上記市民団体は、『知事と本人の2人だけの面談では本人の発言の保障、及び記録が公正に担保されない問題がある』という懸念から市民団体側の責任者も同席させて欲しいと要請したが、知事側に断られた」

 続いて李容洙さんから報告があった(時折、李さん自身が日本語で語ったが、殆どは通訳を介した日本語である)。

 知事室に行ったら誰もいない所で私が待たされた。私は、それは間違いだと思う。面談を申し入れた団体の人が設定を間違えたと思う。私は、わざわざ知事に会いに来た。それならば、知事が待っていて私を迎えるべきではないか。私は、まずこのことで言いたいことの半分は頭から消えてしまった。

 知事は、名刺を渡し握手を求めてきた。私はこれもおかしいと思った。しかし、私が待っていたからそういう流れにならざるを得ないか?と思った。知事が先に待っていたら、私も同じことをしただろう。

 そこで私は、まず「私は確実な被害者です。16歳(数え年)台湾の特高隊員に連れ去られた。'46年に帰国したがその時は両親が亡くなっていた。知事は両親も殺したのですよ。私が見えますか」と言った。知事は無言だった。そこで、私はもう一度聞いた。「私が見えますか?」と。知事は、「見えます。(李さんのことを)個人的には気の毒だと思っているし、これから平和のために、また隣の国だし仲良くなれるように努力する」と言った。

 それから、「慰安婦の資料を隠した」と言ったら、知事は頭を傾けて「そんなことはしない」と言った。さらに、「従軍はあったが(従軍)慰安婦はなかった。戦争の時は常に起こりうることだ」とも言った。

 こういうことはあってはならないことだし、話をするのはつらいが、私は証言する。アメリカでも話したこと。(筆者補足:彼女は今回の来日前に、米国で行われた『日本軍「慰安婦」問題で日本政府に公式な謝罪を求める決議案=米国下院決議案121』採決の際に米国議会公聴会で発言している)

 この後、記者からの質問があったが、「知事を擁護するわけではないが‥‥」との前置きもありながら、李さんを問い質すような場面も表われ、私は正直驚きを禁じ得なかった。それは知事の発言にもあったそうだが、おおよそ「あなたの団体(取り巻き)が誤解を与えるようなことを言っている(通訳は「捏造」という表現も使った)」という立場からの質問のように私には聞こえた。

 それは、例えば次のようなやりとりである。
−上田知事は、『従軍はなかったが慰安婦はあった』と発言したのであって、「慰安婦」自体は認めている。また事実、軍による強制連行はなかったのではないか?
 「強制的だった。」
−それは、軍によるものなのか?
 「私は台湾で特高隊員に口を塞がれて連れて行かれた」(記者この時はうなずく)
−そのことを知事にも言ったのか?
 「言った。『従軍』は自分で進んで行ったこと。『慰安婦』という言葉は嫌だが、『強制』という言葉を付けなさい。私はこの体験のために顔を下に向けて歩いてきた。とも言った」

 面談の初めのシーンに憤慨して少し語気を荒げて話していた李さんがこの質疑応答の時には、かなり興奮して語っていた。(しかし、この時に記者の周囲にいた団体の人が口を挟んだことについて「記者会見中。ここは決起集会ではないのだから」と言ったことには私も納得をした。場は弁えたほうが良いと思う。せっかくの支援活動もつまらぬことで反感を買っては勿体無いと思う)

 私も1つ質問をした。
−上田知事が、「これからは平和のために頑張りたい。隣の国だし友好関係になれるように努力する」と発言したようだが具体的に何かするということを言ったか?
 「私は、若い人たちのため頑張ると言った。知事も『頑張る。李さんもお元気で』と言った」

 ずっと強張った表情だった李さんもこの時は、微笑んで語ってくれた。

 この面談では、写真撮影も禁止されたそうだが、最後に李さんから申し入れて記念写真が撮られたとのこと。李さんは、手を取って「仲良くしましょう」と知事の手をさすったそうである。このことを語った時も李さんは微笑んでいた。

 この後3時から知事室で知事の会見があると聞き、私も出席を希望したが、記者クラブ向けの会見であることと、事前に連絡を入れていなかったので全く無理とのことであった。(後からわかったことだが、私が出席した記者会見でも、基本的には記者クラブのメンバー以外は質問をしてはいけなかったらしい)

 2日付埼玉新聞によれば、この知事会見で、「従軍という言葉は英霊に失礼だ」という発言があったと報じられている。

 最近の厚生労働大臣の発言を巡っては、当初は大臣を批判する声が大方であったのが、いつからかそのことを追求する議員たちに対する批判の声の方の方が強まったように思う(言葉尻を捉えた抗議はもう良い、などという言い方)。埼玉県知事の「慰安婦」に関する発言に関しても、ことの本質を明らかにするよりも、発言を巡る運動に対する批判に摩り替わっている様子が伺えた。

 せっかく当事者が直接会って話をする機会ができたのだから、今後は益々の乖離ではなく少しでも分かり合える時が持てることを願いながら、私は県庁を後にした。

(宮沢さかえ)

イ・ヨンスさん「私は確実な被害者です」
http://www.janjan.jp/world/0703/0703030946/1.php



米議会証言の元「慰安婦」李さん23日、さいたまで講演会
2007年2月22日(木)
支援者から花束を受け取った李容洙さん。「愛する日本人のために、戦争と性暴力がなくなるように証言を続けたい」=19日夜、東京都・新宿区
 米下院議会公聴会で、太平洋戦争中の従軍慰安婦問題について初証言した元「慰安婦」の韓国人李容洙(イ・ヨンス)さん(78)が、草加市の主婦信川美津子さんらの招きで十八日に来日した。二十三日午後六時半から、さいたま市民会館うらわで講演会「イ・ヨンスさんのお話を聞く会」を開く。平和団体や女性グループなど十五団体、個人で組織する同実行委員会(石田甚太郎代表)が主催する。

 李さんは韓国・大邱(テグ)出身。十六歳の時に台湾に連行され、一九四五年から旧日本海軍の特攻基地で軍人の相手を強要されたという。

 県内では昨年十月に次ぐ二度目の証言。李さんが「慰安婦」の体験や米議会証言について報告するほか、慰安所を利用した旧日本軍兵士の金子安治さん(87)の証言もある。資料代五百円。

 問い合わせは西島さん(TEL090・5806・3605)へ。

“謝罪”は不十分

 日本政府に「明確な謝罪」を求める超党派の決議案をめぐり、米下院の証言台に立った李容洙さん。元「慰安婦」の証言は米議会史上初めて。

 李さんは当時の過酷な生活を振り返り、「一日四人から五人の軍人の相手を強要された。反抗すれば電気拷問やムチで打たれた。つい最近まで当時感染した性病の治療を受けていた」と涙ながらに証言したという。

 来日直後の十九日夜、都内で開かれた集会には女性支援者ら約六十人が駆けつけた。

 長旅の疲れもみせず約一時間半、立ち続けて話す李さん。「戦争と性暴力をなくし韓国と日本が兄弟のように楽しく、仲よくなるためにつらい証言を続けている。話さなければ事実が分からない」と日本語で語りかけた。

 麻生太郎外相が同日、米議会決議案について「事実に基づかず遺憾」と述べたことについて、「私が生きている証人。愛する日本人に恨みはないが、日本政府はきちんと私に謝罪してほしい」と訴えた。

 十三年間、元「慰安婦」支援を続けている信川さんは「日本政府の謝罪は、国民基金で補償した二百八十五人に対して印刷された謝罪文を配っただけ。しかも、その文章では相手の氏名も国も公表されておらず、名乗り出た被害女性の一部にすぎない」と批判した。
(cache) 米議会証言の元「慰安婦」李さん 23日、さいたまで講演会
http://www.saitama-np.co.jp/news02/22/29l.html

「イ・ヨンスさんのお話を聞く会」資料



米議会で初の‘慰安婦聴聞会’…韓国・オランダ人女性3人が証言

水を打ったように静かだった。 涙を浮かべる米国人もいた。 15日午後、米ワシントンの下院レイバーンビル2172号室。 下院外務委員会アジア太平洋・環境小委が米議会史上初めて開いた‘慰安婦聴聞会’では、李容洙(イ・ヨンス、79)さん、金君子(キム・クンジャ、81)さん、ジャン・ラフ・オハーンさん(85、オランダ)の3人が、日本軍の慰安婦として連行されて受けた侮辱を生々しく証言した。 200席余をぎっしり埋めた傍聴客は3時間以上続いた証言を粛然とした雰囲気の中で傾聴した。

◇「犬や豚以下の生活」=最初に証言した李容洙さんは「1944年の16歳の時に台湾に慰安婦として連行され、3年間にわたり日本軍に性的にもてあそばれた」とし「2階建ての日本風の慰安所で一日平均4、5人の日本軍に強姦され、粥で生き延び、何かあるとすぐに暴行されるなど、犬や豚よりもひどい生活をした」と証言した。 日本軍によって‘トシコ’と名付けられた李さんは、性行為を拒否して電気拷問を受け、韓国語を話す度にひどく殴られた、と語った。李さんは「終戦後に家に帰ると、母は‘死んだ娘が霊になって現れた’と言い、父は鬱火病で中風になり、その年に亡くなった」と述べた。 李さんは「日本政府は謝罪したと主張するが、一度も謝罪を受けたことはない。 世界の性的暴行を根絶するためにも日本は必ず謝罪しなければならない」と強調した。

続いて、16歳だった42年に中国に連行された金君子さんが証言した。 金さんは「慰安所で一日平均20人、多い時は40人の日本軍を相手にする地獄のような生活を送った」とし、「日本軍は小さな刃物で私の体を少しずつ切りつけ、服を激しく破り、コンドームも使わず跳びかかってきた」と語った。 続いて「いっそのこと死んでしまおうと思って何度も自殺を図ったが、日本軍が見張っていてそういう機会もなかった」と述べた。 金さんは「45年8月の終戦で日本人が‘出て行け’と言ったので、同僚8人と畑の白菜を取って食べ、1カ月以上も歩いて家に帰った」と悲惨な帰郷過程を伝えた。 金さんは「慰安所に到着した初日、抵抗して殴られ、左耳の鼓膜が破れた。体にも多くの傷が残っている」と涙声で話した。

◇「日本将校が刃物で脅して強姦」=西洋人慰安婦として証言し関心を集めたオハーンさんは「日本軍は私の青春を無惨に踏みにじり、すべてのものを奪っていった」と怒りを表した。 オランダ植民支配下のインドネシアで生まれたオハーンさんは19歳だった42年、日本軍がインドネシアを占領した後、収容所に入れられた。 オハーンさんは「その日の夜、日本式の花の名前が入った名前を付けられ、髪が薄い日本軍将校が待つ部屋に連れて行かれた。 彼は刀を抜いて‘殺す’と脅した後、服を破り、最も残忍に私を強姦した。 その夜は何度強姦されたか分からない」と身震いしながら話した。 オハーンさんは「一緒に連行なれたオランダ人少女らと3年半、毎日こうした蛮行にあい、飢えて苦しみ、獣のような生活をした」と語った。 また「日本は95年にアジア慰安婦財団を作って私的な補償をしたというが、これは慰安婦に対する侮辱」と主張した。 続いて「日本は政府レベルで残虐行為を認め、行動で謝罪を立証しなければならず、後世に正しい歴史を教えなければならない」と求めた。 オハーンさんは「日本人は私たちが死ぬのを待っているが、私は死なない」とし、日本が正式に謝罪するまで闘争を続けると誓った。

◇米国議員間で意見の差=慰安婦決議案を主導したマイケル・ホンダ下院議員(民主、カリフォルニア)は聴聞会で証人を自ら要望、「今われわれが行動に出なければ、日本政府の謝罪を引き出す歴史的な機会を失ってしまう」とし決議案の採択を促した。 しかしローラバシャー下院議員(共和)は「日本はすでに何度も謝罪している。そういう文書を受けている」とし「前の世代の過ちで日本の現世代が処罰を受けてはならない」と主張した。 聴聞会を進行したファレオマバエガ・アジア太平洋小委委員長(民主、サモア)も「生涯英語を使い続けてきたが、今日の証言を聴くと、その悲痛さをいかなる単語で表現すればいいのか分からない」とし、慰安婦の痛みを理解するという立場を見せた。

◇聴聞会の意味・展望=この日の聴聞会は、ホンダ氏ら民主党議員5人とクリストファー・スミス氏ら共和党議員2人が先月31日、日本軍の慰安婦動員を非難して日本首相の公式謝罪を促す決議案(H.Res121)を提出したことを受けて開かれた。 議会消息筋は「この日の聴聞会で日本軍の蛮行実態が暴露され、日本政府の謝罪、釈明が偽りであることが明らかになったため、今後、決議案採択に前向きに作用するだろう」と述べた。 ホンダ議員は3月末までの決議案採択を目標にしている。 加藤良三駐米日本大使はこの日、アシア太平洋小委に書簡を送り、「日本はすでに慰安婦問題の責任を認め、韓国やフィリピン、台湾、インドネシアなど慰安婦被害者に補償もした」とし、決議案採択を阻止する意向を明確にした。

ワシントン=姜賛昊(カン・チャンホ)特派員
2007.02.16 17:31:31
(cache) Japanese JoongAngIlbo
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=84702&servcode=400§code=400



Japan PM war slavery denial uncovers old pain - CNN.com
March 3, 2007
Lee Yong-soo, 78, a South Korean who was interviewed during a recent trip to Tokyo, said she was 14 when Japanese soldiers took her from her home in 1944 to work as a sex slave in Taiwan.

Lee Yong-soo(78歳韓国)は東京でのインタビューで、 彼女は1944年、14才のとき日本の兵隊に家から連れ出され、台湾で性奴隷として働かされた、 と述べました。
http://edition.cnn.com/2007/WORLD/asiapcf/03/03/japan.sexslaves.ap/


U.S. House of Representatives: Statement of Lee Yong-soo
February 15, 2007
In the autumn of 1944, when I was 16 years old, my friend, Kim Punsun, and I were collecting shellfish at the riverside when we noticed an elderly man and a Japanese man looking down at us form the hillside......
A few days later, Punsun knocked on my window early in the morning, and whispered to me to follow her quietly. I tip-toed out of the house after her.

1944年の秋、私は16歳で、友達のキムプスンと私が川のそばでエビを捕っていたとき、
年老いた男と日本人が丘の方から私たちを見てるのに気づきました。…(中略)…
数日後の早朝、プスンは私の部屋の窓をノックして、静かに私の後についてくるようにとささやきました。 私はこっそりと家を出て、彼女について行きました。
http://www.internationalrelations.house.gov/110/lee021507.htm
[PR]

by thinkpod | 2007-03-01 03:47 | 半島


<< 【戦後60年 歴史の自縛】(下)      慰安婦の李容洙さん(下) >>