reference archives

hogetest.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 19日

「ジェンダーフリー教育」 反対意見書を可決

 十二月定例県議会の本会議が十六日開かれ、自民党が「ジェンダー
フリー教育」に反対し、「特定思想に偏ることなく」、男女共同参画に
取り組むよう国に求める意見書案を提出、同党と水と緑の会の二会派
の賛成多数で可決した。

 意見書では「一部の教育現場で、伝統や文化などを否定する偏向
思想や男女の区別を一切排除しようとする恣意(しい)的運用がある」
と指摘。さらに「ジェンダーフリー教育の推進通知が全国で唯一
発せられ、偏向思想は目に余る」などと県を批判した。

 これに対し、民主、公明、共産、社民・県民連、ネット・無所属の五会派
が反対した。

 閉会後、取材に応じた堂本暁子知事は、意見書案の可決について
「残念。国際的な大きな流れで、国連のキーワードの一つになっている。
ジェンダーという言葉が曲解されているという印象を受けた」と感想を
述べた。

 十二月定例県議会は同日、二十一議案を原案通り可決して閉会した。

ソース(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/cba/20051217/lcl_____cba_____010.shtml
[PR]

by thinkpod | 2005-12-19 03:17 | 政治経済


<< 韓国人の観光ビザ免除、来年3月...      安倍氏、調整に奔走 ジェンダー... >>