reference archives

hogetest.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 07日

首相、NHK改革の必要性を明言

 小泉純一郎首相は6日、不祥事をきっかけに受信料の不払いが急増している日本放送協会(NHK)について抜本的な改革が必要との認識を表明した。首相官邸で記者が「NHK改革は必要か」と聞いたのに対して「そうですね。受信料も滞っていますから」と明言した。首相が言及したことで、政府・与党のNHK論議が活発化するのは確実だ。

 NHKを巡り竹中平蔵総務相が経営形態見直しなどを検討する有識者懇談会を設置すると発表。首相は「公共放送として国民の信頼を回復するため、どうしたらよいかという観点で、識者に意見を聞く必要がある」と強調した。

 同日の経済財政諮問会議では、規制改革・民間開放推進会議の宮内義彦議長(オリックス会長)がNHK改革を提言。約3割の世帯が支払っていない受信料制度について「すでに破綻」と指摘。払った世帯だけが視聴できる「スクランブル化」を早期に実現すべきだと訴えた。

 特殊法人改革の観点からもNHKが保有する地上波、衛星、ラジオ合わせて8つあるチャンネル数を削減すべきだと主張した。 (21:01)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20051206AT1E0601K06122005.html
[PR]

by thinkpod | 2005-12-07 01:59 | メディア


<< 野中証言は偽証か、「見舞った」...      防衛省設置法案を通常国会提出へ... >>