reference archives

hogetest.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 26日

<皇室典範>反対派が旧宮家の皇籍復帰へ特別法制定要求へ

 「皇室典範に関する有識者会議」が女性・女系天皇を容認する報告書を小泉純一郎首相に提出したのを受け、男系男子による皇位継承の維持を求めるグループ「皇室典範問題研究会」の小堀桂一郎代表(東京大名誉教授)らが25日午前、東京・永田町の憲政記念館で記者会見し、1947年に皇籍離脱した11の旧宮家の皇籍復帰を可能にする特別法の制定を求めていく考えを表明した。
 小堀氏らは報告書について「有史以来の伝統を破壊する。皇位継承の安定化どころか、皇室の正統性の根幹を揺るがすものだ」と批判。「最後は政治力だ。真正保守の心を持つ人に訴えかけていきたい」と述べた。【衛藤達生】
(毎日新聞) - 11月25日12時5分更新
[PR]

by thinkpod | 2005-11-26 03:43 | 政治経済


<< <独新政権>旧ドイツ領住民追放...      皇室典範:「小泉首相のこだわり... >>