reference archives

hogetest.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 15日

【報告の陰に連携】国連人権委員会

961 名前: マンセー名無しさん  Mail: sage 投稿日: 05/11/14 (Mon) 22:15:43 ID: pSN9RB18
産経新聞05/11/13 23面「妙」【報告の陰に連携】

国連人権委員会のディエヌと区別報告者(セネガル)が七日、国連総会
第三委員会(人権)で、日本に存在する差別を指摘、それを受けて中国、
韓国、北朝鮮の代表が日本を批判したという記事が目に留まった。「差別」
の存在は厳粛に受け止め、解消に向けて努力するべきだが、あまりに見事
な連携ではないか。「仕組まれた」という思いが拭いきれない。近年、
日本に「悪意」をいだくグループが「人権」を武器に、国連を利用し日本
に”言いがかり”をつけることがよくあるが、今回もそうではなかったか。

そもそもディエヌ氏とはどういった経歴の持ち主なのか。そして、日本の
どこをどれほどの期間調査したのか。また、彼をアテンドしたのは
どういった団体だったのか。疑問は次々とわいてきた。


962 名前: 続き Mail: 投稿日: 05/11/14 (Mon) 22:16:20 ID: pSN9RB18

国連広報センターに問い合わせてみた。明らかになった事実を記す。ディ
エヌ氏は1993年から2002年にかけて国連科学文化機関(ユネスコ)
の文化間・宗教間対話部長を務め、02年に国連人権委員会により現代的
形態の人種主義、人種差別、排外主義および関連する不寛容に関する
特別報告者に任命された。今年の七月三日から十二日まで日本を訪れ、
大阪、京都、北海道で被差別部落、在日韓国人・朝鮮人、アイヌ民族
などのグループと面接調査した。訪問は初めてだった。

ディエヌ氏の調査をアレンジしたのは、反差別国際運動というNGO。この
団体の理事長は武者小路公秀氏。ピースおおさか(大阪市)の会長であり、
金正日の思想を普及しようとするチュチェ思想国際研究所と関係の深い
人物である。(桑原聡)

桑原グッジョブ!!!
[PR]

by thinkpod | 2005-11-15 01:22 | 人権


<< 韓国に「嫁入り」した日本女性たち      在韓日本人2万1000人 10... >>