reference archives

hogetest.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 04日

南京大虐殺巡り日中が発言 ホロコースト議題の国連総会

2005年11月02日11時29分

 国連総会は1日、1月27日を第2次大戦中に起きたユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)の「国際追悼デー」にする決議案を採択した。ポーランドのアウシュビッツ強制収容所が解放された日にあたり、米国やイスラエル、ロシアなどが求めていた。

 大戦の惨事をめぐり、採択後に中国の国連代表部書記官が「60年前、アジアの人々も筆舌に尽くしがたい苦しみを受けた」と演説。「1937年の南京大虐殺で30万人が死亡した」として「ユダヤ人と同じようにアジアもこの歴史の一章を決して忘れない」と発言した。これに対して、日本の小沢俊朗・国連3席大使は「歴史を議論する際には、特に数字についての共通の理解を持つことが建設的だ」と発言。「歴史の事実を謙虚に受けとめ、痛切なる反省と心からのおわびの気持ちを常に心に刻んでいる」とも述べた。
http://www.asahi.com/international/update/1102/007.html
[PR]

by thinkpod | 2005-11-04 03:25 | 国際


<< 中国と戦争すれば米は負け…訪米...      三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に... >>