reference archives

hogetest.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 03日

日本を混乱させようという勢力には、手痛い反撃を」 小泉首相

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ :2005/11/02(水) 14:30:43 ID:???0 ?##
・小泉首相は会見で、日米同盟について「抑止力維持」を強調。
 日本を混乱させようとする勢力との対決姿勢を鮮明にした。

−−−(以下、引用)−−−
・今後、外交問題におきましても、日本の安全の問題、平和の問題を考えますと、あらゆる
 政策を実現する上においても、平和でなくてはならない、安全でなくてはならない、世界一
 安全な国の復活を目指す、治安の問題。そして防衛の問題におきましても、日本は日本一国
 だけで本当に独立が維持できるのか、平和が確保できるのかということを考えますと、
 アメリカと同盟を結んで、平和と独立を確保した上で、諸々の政策を推進していかなければ
 ならないとなりますと、外交の問題、防衛の問題、極めて重要であります。
 その平和を維持するためにも、日米の同盟というのは不可欠であります。その際には、
 基地の負担の問題をどうするのか。基地の負担はどこの地方でも歓迎はされません。

 しかし、平和と安全を望む声は大方の国民の声であります。これを両立させるためには、
 この抑止力を維持すること、言わば侵略しようと思った勢力に対して、あるいはまた日本の
 国民を混乱させよう、日本の機能を麻痺させようという勢力を防止するためにも、抑止力の
 維持というのは極めて重要であります。

 そのような日本を侵略しようとする勢力に対して、そのようなことを行った場合には手痛い
 反撃を受けるという、試しにやってみようかという気を起こさせないような日ごろからの
 抑止力を維持させるためにも、日米同盟は不可欠の問題であります。
 そういうことから、抑止力の維持と基地の負担の軽減、特に沖縄等ですね。これをどう
 軽減していくか、こういう外交の問題もあります。 (抜粋)
−−−(引用終わり)−−−
 http://www.kantei.go.jp/jp/koizumispeech/2005/10/31press.html

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1130909443/
[PR]

by thinkpod | 2005-11-03 04:15 | 政治経済


<< 三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に...      首相の靖国参拝、賛成が47%に... >>