2005年 11月 03日

日本会議国会議員懇:新追悼施設建設の反対決議まとめる

 超党派の国会議員でつくる「日本会議国会議員懇談会」(会長・平沼赳夫元経済産業相)は1日の総会で、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を支持し、新たな国立戦没者追悼施設建設に反対する決議をまとめた。日韓外相会談で、韓国側が追悼施設建設への予算計上を要請したことに「内政干渉に厳しく抗議する」と明記している。
 懇談会には特別顧問として麻生太郎外相、副会長に谷垣禎一財務相、副幹事長に安倍晋三官房長官ら小泉内閣の閣僚が加わっている。決議は首相の私的諮問機関が女性・女系天皇を容認することで一致したことにも「短期審議で皇位継承方法の変更を決定するのは拙速」と慎重審議を求めた。
毎日新聞 2005年11月1日 19時50分
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/20051102k0000m010055000c.html
[PR]

by thinkpod | 2005-11-03 03:56 | 政治経済


<< 英 国籍希望者に試験義務付け      一休和尚の直筆も被害 文化財盗... >>