2005年 09月 28日

「中国脅威論の誇張だ」 陸自の防衛計画に中国が反発

2005年09月27日19時18分

 中国外務省の秦剛(チン・カン)副報道局長は27日の定例会見で、陸上自衛隊が中国の日本攻撃も想定した「防衛警備計画」を作成していたことが明らかになったことに対し「中国脅威論の誇張だ」と批判する声明を読み上げた。

 声明は「中国はいかなる国家を威嚇するつもりもない」と強調。こうした動きの背景には尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる領土問題がある、との見方も示し、中国の領有を改めて主張した。

中国軍、大規模な軍事演習始まる 日本は招かず
2005年09月27日20時04分

 中国軍による大規模な軍事演習「北の剣2005」が27日、内モンゴル自治区で始まった。中国外務省の秦剛(チン・カン)副報道局長によると、米英独仏など24カ国の中国駐在武官や軍関係者ら約40人を参観者として招待した。日本からは招いていないという。

 米国などで中国軍に対する脅威論が根強い中、各国の軍関係者に演習を見せることで「透明性の欠如」といった批判をかわす狙いがあるとみられる
[PR]

by thinkpod | 2005-09-28 01:00 | 政治経済


<< 人権法案 首相意欲 衆院選圧勝...      「中国の侵攻」も想定 陸自計画... >>