2005年 09月 20日

東京湾に放射性物質拡散を計画 著書で元KGB要員

 1960年代に東京で活動していた旧ソ連国家保安委員会(KGB)要員らが日米関係を悪化させるため、東京湾に放射性物質をばらまくなどの破壊活動を計画していたと、元KGB要員ミトロヒン氏が著書で指摘していたことが分かった。著書「ミトロヒン文書第二巻」が英国で19日、出版された。

 昨年死去したミトロヒン氏は、1992年に英国に亡命した際にKGBの大量の機密資料を持ち出したことで知られる。

 アジアや中南米などでのKGBの活動を扱った今回の著書は日本に関する章で、外務省にも協力者がいたとするなど冷戦下にKGBが日本で築いた情報網を浮き彫りにする内容となった。

 同書によると、69年に東京湾に放射性物質をまき散らし、横須賀基地の米原潜のせいにする策略が練られたが、米国製の放射性物質の入手が困難であることなどを理由にKGB本部が認めなかった。

 また当時のKGB東京駐在官事務所は65年、ベトナム反戦デモに合わせ、日本人協力者を使って東京にある米国の文化センター図書館の爆破や、米国攻撃を呼び掛ける右翼のビラの偽造を計画。ただ実行されたかは不明という。

 一方、KGBは日本の外務省内で協力者づくりに成功し、60年代から少なくとも79年までは2人の外務省職員が多くの機密文書をKGB側に提供。また70年代後半には外務省の電信官から重要情報の提供を受け、政界やマスコミにも協力者がいたとしている。

 ■ミトロヒン文書 元ソ連国家保安委員会(KGB)要員ワシリー・ミトロヒン氏が1992年の英国亡命の際に持ち出した大量のKGB資料から成る。大部分は99年に英国の学者との共著で刊行された。またアフガニスタン関係の文書は米ウィルソン・センターの「冷戦国際歴史プロジェクト」に寄贈された。今回出版されたのはアジア、中東、中南米、アフリカに関する部分。同氏は22年生まれで、48—84年KGBに勤務し、機密文書の保管などを担当。2004年に死去した。

(共同)

(09/20 10:30)


東京湾に放射性物質 KGB、60年代に計画?

元職員が著書で指摘 日米離反狙う

 【ロンドン=蔭山実】東京で1960年代に活動していた旧ソ連国家保安委員会(KGB)の工作員らが日米関係を悪化させるため、東京の米国関連施設の爆破や、東京湾に放射性物質をばらまいて米国の原子力潜水艦の責任にする破壊工作などを計画していたことが元KGB職員の故ミトロヒン氏の文書を集めた著書で判明した。

 この著書は「ミトロヒン文書第二巻 KGBと世界」のタイトルで英国で19日に出版された。ミトロヒン氏は92年にKGBに関する大量の機密文書を所持して英国に亡命し、昨年亡くなった。今回出版された著書は世界各地でのKGBの活動を記した同氏の文書が収録されている。

 日本では、65年にKGBの東京駐在官事務所が当時のベトナム反戦デモに合わせ、起爆装置を米国製タバコの箱に隠した爆弾を、日本にいる協力者に米国文化センターの書棚に仕掛けさせ、翌朝に爆破させる計画を立案。KGBの犯行を隠すため、米国攻撃を訴える右翼団体のビラも偽造しようとしたという。

 69年には、東京湾に放射性物質をまき散らし、横須賀基地の米原潜のせいにする工作が検討されていた。ただ、米国製の放射性物質の入手が難しいことなどからKGB本部が計画を却下したという。

 破壊工作以外にもKGBは外務省に協力者をつくり、79年までに2人の外務省職員が機密文書を大量にKGBに手渡していたことも指摘されており、冷戦下で日本に情報網を築いていた状況がうかがえる。

【2005/09/21 東京朝刊から】

(09/21 09:06)
[PR]

by thinkpod | 2005-09-20 17:17 | 国際


<< ■《双方向プラザ》なぜ進まぬ扶...      元日本兵の貢献、ベトナムで認知... >>